セラピストについて

花の匂いを嗅いでいる人の絵

たくさんのサイトの中からご訪問くださりありがとうございます。
オリーブサロンの加藤由佳です。

看護師として26年間病棟、外来、在宅看護の仕事を経験。

医療や看護の現場で西洋医学だけでは解決できない患者さんの辛さをみるたびにもどかしい思いがありました。

そんな時、訪問アロマケアというものに出会い、初めて代替医療という言葉を知りドキドキしたのを覚えています。

40歳の時ホスティッケア総合学院にて1年間、臨床で使うアロマケアについて学びクリニカルアロマセラピストの資格を頂き、緩和病棟へもセラピストとしてボランティア経験をしました。

看護師として働きながら一般の方たちへもアロママッサージの良さを体感して頂く機会を作り、副業としてセラピストをする日々が続いた40代。

一人ひとりのお体に触れさせてもらううち、西洋医学とは違う、人をまるごと観るというホリスティックな考え方に共感。

47歳でセラピストに転身し、2015年2月より平野区でアロマ、フェイシャル、よもぎ蒸しのサロンをオープン。

女性の体と心のケアにアロマとタッチでサポートすることをお仕事にしています。今後はサロンに来られない方のために活動を広げたいと思っています。

現在は癒しの森にしかわクリニックにてアロマを使った足のリンパマッサージやリフレクソロジーを患者様にも提供中。

1968年生まれ。B型。魚座。猫犬大好き。

アロマケア、こんな時にご利用ください。​

前に進めなくなったときは、まずは体を緩ませてリラックス^^

体と心のつながりを大切に。サロンではリラックスメインのアロマを。

訪問アロマケアでは個人のお家、施設、病院へ伺い、辛いお体が少しでも楽になれるケアを。

​介護施設や看護師さんたち、企業様へも、アロマケアでお仕事の効率UPが図れます。

メンタルケアと疲労回復、従業員様一人ひとりの心と体の健康が何よりも企業様の成長に繋がることと思います。ぜひご利用下さい。

ピンクの花