日記

犬の簡易オムツの作り方

犬が眠そうにしている

平野区のオリーブサロンのかとうゆかです。

犬や猫を買っているお客様との話で、ペットの介護話をお聞きすることがあります。

その中で一番多いのが、おしっこやウンチのお世話。

自力で出ないことや、お漏らしをあちこちにしてしまったりということも、病気や老犬になるとあるのですね。

治療代もかかります。

生き物を飼うことの大変さが、私も身に染みてわかります。

只今愛犬2匹、事情があってオムツを着用中です。

サイズにもよりますが、ミニチュアダックス4kgの体重のワンコは、Sサイズ30枚で2400円ほどします。

女の子用です。(男の子用は安いですね)

犬のオムツ代の高さにびっくりです!

2匹分なので、4日でなくなります(T_T)

どうにかできないものかと考えました。

おしっこシートです。

これで作れば良いかもと思いまして、作っては漏れ出し、の繰り返し^^;

ですが、成功しました♪

これです。

image

不細工です(´・ω・`)

これはお尻側で、尻尾が出ています。

おしっこシートでオムツを作る

まず、おしっこシートは薄手で大量に入っている安いものを使いました。

160枚980円でした。

これは厚手だと吸収力は良いのですが、モコモコしてフィットしないです。

そして、ハサミを用意します。

三つ折りしてあるところに、縦に2センチほどの切り目を入れます。

尻尾がぎりぎり入るくらいの大きさです。

大きすぎると駄目です。

ここで失敗しないために、横ではなく縦に切り目を入れます。

折り目と垂直に切ります。

紙って繊維がありますが、切り目を入れても穴が広がらない方向です。

尻尾を入れる穴ですが、ここから尿が広がり漏れ出すようです。

切り目を入れたら、尻尾を穴に通します。

穴が広がらないように、尻尾の先からそーっといれます。

ガムテープを切って用意しておきます。

あとは、オムツの形になるように巻きつけて、ガムテープでとめます。

股関節を締め付けないように、足回りにシートをフィットさせるように巻きます。

緩すぎても駄目です。漏れます^^;

尻尾を入れる穴の切り方は、広がらない方向に小さくカット。

オシッコは1回分が限度です。

小型犬以外は難しいです。

犬が動けて、且つ尿が漏れない巻き方を覚えたら完璧です(*^^*)

犬の介護などされている方や災害時などにも、このシートとハサミとテープがあれば、簡易オムツが作れます。

大事なペットのために、この記事がお役に立てれば♡

オリーブサロン

大阪メトロ平野駅より徒歩2分にあるアロママッサージサロン

ほっと一息できる場所。

“オリーブサロンは私のパワースポット”

体を楽にしてあげたら、ふつふつとお腹から力が湧き上がる♪

更年期世代の女性のためのリラクゼーションサロンです。

アロマ・フェイシャル・黄土よもぎ蒸しで、ほっこりしてお帰り下さいね。

大阪メトロ谷町線平野駅より徒歩2分♪

平野駅・アロママッサージサロン
olive salon
【住所】大阪市平野区流町1-6-4 ゆうハイツ流町303
【営業受付時間】9時半~18時
【定休日】年中無休/女性専用
【電話】070-5268-9888